需要はさておき個人的な正面向きの顔のアタリの取り方解説

タイトル通りです。

昔はなんとなく意味はなくても顔書くときバッテンを描いてた派の私ですが、

最近はちゃんとあたりを取ります。

なんでかっていうと、なんとなくで描いてると、毎回顔のバランスが変わってくるので、あれ?顔どう描いてたっけーみたいな感じによく陥っていたので、ちゃんと顔の描き方を安定させようと思って。

で、昔から描いたほうがいいのかなくらいで適当に書いてた線、ちゃんとすればちゃんと役立つんだな・・・。ということで実感してるよっていう。

最近はお絵かきメイキングとか、教えてくれる動画とか増えてきて、大変お絵かきに向いた時代になりましたね。っていうか知りたいことが調べやすい時代です。しかし、まず輪郭を描きます。とかそういうの。それがもう無理やねん。っていう。ので、わかりやすくーあくまで私の絵のバランスではこんなですよっていうのを図解しときます。

 

 

丸描いて、十字描いて、丸の下半分のとこに線を引きます。

でもって、その半分の長さを丸の下にはみ出したとこに書きます。

今度は縦行きましょう。四等分にします。そこからしたに線を引っ張って、

先程はみ出した下の線までつなぎます。

ここまでが前半4つ。

では今度は外周をつなぎます。そうするとなんとなく輪郭っぽい。

しかし、いかついのでとがった端っこ削りましょう。

十字の横線のところから耳をはやします。大体耳と鼻の位置が同じくらい。

口は顎と鼻の真ん中。

目は縦四等分したとこのラインあたりにだいたい置いとけば良いのではないでしょうか。

あくまで私の場合のバランスであり別にラインに沿ってなくてもいいです、まあでも同じキャラは同じ位置に目鼻あるべきなので、線の少し下辺りに書くとか内側外側とかは好みやキャラで調節しましょう。

これで同じキャラ描いてもいつも違う顔現象(これやらかすの私だけかしら)がだいぶ避けられます。

上段の右から二番目の下に線をはみ出す過程で、長さを変えることで、骨格から輪郭を変えることもできます。

私のはだいぶ丸顔寄りだと思います。

 

ついでに既存の絵のバランスをこういった自分なりのあたりに置き換えてバランスをとるとだいぶその絵に近い絵柄もかけると思います。

という。

みんな知ってるしそんなことー情報かもしれませんが、お絵かき初心者には有益かもしれない情報・・・なのではないかなあ・・・。

 

どうだろな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました