秋風の吹く金色の草原で眩しい夕日を受けて輝く妙齢の女性

人の背丈の葉っぱの草原ってとってもファンタジイなのではないかと思う。

 

秋風の吹く金色の草原で夕日を受ける妙齢の女性

 

なので、そのほかにファンタジー要素はどこにも無いといえば無いのだけれど、

この絵は多分ファンタジー。と、思いながら描いたもの。

キラッキラテカッテカ光らせるのって楽しい。

どうせやるならもっと髪の毛とかさらさらにして、

一本一本光らせるのもありかなあとも思うんだけれど、そういうのってどうも・・・

やってるうちにやりすぎてサイヤ人化してくるので、大体断念してます。

いや。すでに手遅れ感はややありますが。

難しいよね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました