手錠をはめられた髪の長いチャイナ服の女性は月を背景にして流し目を送る

描いてるうちに色々見失うことは良くあることと思います。

チャイナの人を描こうと思ってチャイナを描いたら満足して迷走したのがこちら。

 

手錠をしている髪の長いチャイナ服の女性

 

そもそもはとらわれのチャイナ娘だったので手錠をつけてます。

ベットにくくってたんですけど、それもどうだろう・・・。

という気持ちになって救出をし最終的になぞの背景をつけてしまうという。

そもそもの最初に書いてたほうがまともだったんじゃない?

みたいな気持ちにもなりますが、もう描いちゃったしよくない?

みたいな。

後で見るととても恥ずかしい気持ちになるので、

どうだこれと思った落書きは削除するようにしよう。

と、決心したわけですが、でも昔の絵をたまにみるとがんばらないとと思うので捨てるに捨てられないものがひっどいものでもぼちぼちブログに上げれる程度には残っているという。

死ぬときにはパソコンとスマホは破壊して逝きたい。

それ以前に中高のときに描いてた手描きのイラストノートもいい加減何とかしないとなあ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました