化物のぬめる口の中に自ら食べられに行く三つ編みの少女

タイトル長々と書いてますが。もう少しかわいくすると、

「美味しくたべてね」です。

 

 

口の中とっても気合いを入れて書きました。てらてらぬめぬめ。

最近指摘された事なのですが、独特の世界観ですね、みたいなのって比較的良く言われるんですよ、私。

でもその独特ですねっていうのは、ものすごいオブラート重ねて味しねーよ?レベルで包み込んで、気を使いまくった結果その表現になるのであって、実質の所は独特の世界観とかじゃなくて、ただただシンプルに暗くね?って言いたいのではないですか?と。

……。

くらい…かなあ。

いやでもさ、今回のに関しては、異種族愛的な気持ちで描いてるわけです。

LOVE。

この後美味しくいただきますしたかどうかは定かでは無いけど脳内設定上は割とハッピッピなんですね。

そもそも私自身は葛藤は大好物だけどもハピエン主義なんです。

少女漫画育ちですし。

だから色調は暗いかもしれないけど決してこの絵自体が暗い話を物語っているわけではない……と、言い訳を並べていて思ったんですがね。

そもそもの色調は確かに凄い全体的に薄暗いですねホント。

だめじゃぁん。

あ、ちょっと、明るい絵増やそう。そうしよう。

設定とかそういうんじゃなくて、色彩が明るいやつ。

意識します。しばらく。

とか言いながらまた段々暗くなっていって言われてまたっていう繰り返しなんでしょうけどね

コメント

タイトルとURLをコピーしました